トップへもどる

マルヤマイメージ

「靴のままで、どうぞ。」たとえば、シューズインクローゼット。玄関ホールに設けられた収納スペースだから、靴や傘はもちろん、ベビーバギーやゴルフバックをしまうことができて重宝。なによりの魅力は、靴を脱がずにそのまま出入りできるところ。玄関脇からも廊下からも出入りできるように2方向に扉を設けるのがオススメですね。そうすると、雨の日やお子様がドロンコになって帰っても、玄関を濡らしたり、汚したりもせず、お掃除の手間がなくなりますよ。靴たちに占領されることなく、いつもすっきり。住まいの顔として誇らし気にゲストを待ちわびているのか、なんだか玄関が澄まし顔に見えてきましたね。

「お洒落さんちの味付け。」たとえば、ドレッシングルーム。ドレッシングと名付けられているだけあってか、歩いて入れるクローゼットとはひと味違って趣向を凝らしたもの。分かりやすく言うと化粧室ですね。洋服をきちんと整理整頓する収納としての機能ばかりでなく、着替えができて、メイクも整えられて。身支度のひと通りができるワタシのための場所なんです。ご主人には「私がきれいなほうが嬉しいでしょ」と言葉を添えて、女性目線の空間をプラスしてみるのってステキでしょ。毎日慌ただしさを忘れて、丁寧に自分を磨く。ちょっとしたお買い物の身支度も楽しくなって、なんだかお出かけ好きになりそうですね。

「整理整トン、トン。」たとえば、ウォークインクローゼット。たいていは棚やハンガーパイプが設けられていて、折り畳んで収納したくないものは並べて吊り下げられます。スーツケースなどのかさばるものも床置きできて、雑多なモノも全部まとめて整列、整頓。お部屋がすっきりできるうえに、歩いて入れる部屋型収納だと衣装選びもしやすくスムーズに。使用頻度の高いものを入口付近に収納したり、透明で移動できる収納ケースを用いるのも、便利に使うひとつの手。収納したいモノの種類や量、形や面積、生活スタイルにあわせて誂えると、もっと使いやすくなりますね。トントンッ、トンッ。ほうら、洋服や小物が耳を澄まして、お出かけを待ちわびているようですよ。

「階段を中心に。」たとえば、階段。その役割は、上下階をつなぐだけだと思ってはいませんか?じつは、そうじゃないんです。考えてみてください。玄関からすぐのところが階段だと、「いってきます」も「おかえり」も忘れがちになってきます。そこで、リビングを通って階段にたどり着くように、間取りをひと工夫。そうすることで、きちんと顔を合わせる毎日が、明日も、明後日も、ずうっとやってくるでしょ。今日はどんな一日だった?みんなの我が家ですから、タイミングを計ることもなく、家族のコミュニケーションも普段着でありたいものですね。

「ふれあいつなぐ仕掛け。」たとえば、扉。間仕切りするためのものですが、少し欲張ってひと仕掛け。居室の扉には、半透明のアクリル素材をアクセントにデザインされたものを選んでみる。すると、灯りが廊下にもれ、気配を感じ取れるようになります。そして、扉には個性、廊下にはリズムまで生まれます。プライベートは仕切っても、心のふれあいまで仕切ってしまいませんように。そう願うように、どこか温かくて、ときに楽し気に、扉が家族をつないでくれているようですね。

「あっち、こっち、どっち?。」たとえば、動線計画。一日の中でもっとも長く家に居て動き回る主婦にとっては、効率の良し悪しは無視できません。設備の先進性や機能性が優れていても、つながりの悪い動線は考えものです。そこで、室内の交通整備。料理、洗濯、掃除といった家事の使い勝手を配慮し、きちんと動線をしつらえると時間や動き、笑顔にもゆとりが生まれます。あっちへ、こっちへと徒競争のような毎日は、、おうおしまい。住み心地を求めるなら、まず生活に目を向けることが大切ですね。

「階段スタディ。」たとえば、お子様の勉強部屋。最近では、リビングで勉強させるとはかどり、学習効率があがるといったデータもあるのだとか。ならば、我が家流に勉強スペースをお引っ越し。上下階をつなぐ階段をリビングに設け、それを上がった脇あたりにレイアウトしてみるのはいかがでしょう。出来上がるのは、遊び心のあるのびやか空間。声がかけやすく、コミュニケーションもとりやすい。パパの趣味に占領されないといいですが、アイデアひとつで有効的な住空間が創れるものですね。

「温もりの色化粧。」例えば、カラーコーディネート。ご存知のとおり、色の種類は数えきれなくて、効用もさまざま。春夏秋冬、季節の趣きを連想させたり、自然の開放感を表現したり、空間に穏やかさをもたらしたり。挿色ほどでも、流れる時間が色づいている気がしてきます。だから、住まいの色使いにもこだわりたいもの。クレヨン画のような親しみや優しさを感じられるcozyな温もり色なんて、いかがでしょう。インテリアや雑貨選びより、まずは空間をほんのりと色化粧。ひと色のコーディネートは、先進設備に勝るとも劣らない、ココロに機能する設えかもしれませんね。

「風にささやく窓辺にて。」例えば、カーテン。色合いや素材感で空間のイメージが一変してしまうから不思議です。魔法のカーペットならぬ、魔法のカーテン!?窓からのぞくお陽様の表情も、そそぎこむ風たちの優しさも、風合いひとつでどこか違った感じで真新しい。それに、カーテンは癒しの機能品。窓辺に腰掛けて、のほほん気分で過ごしてみてください。穏やかな気持ちで、ウトウト、ウトウト。カーテンの揺らぎは、ときとして風たちのささやきだったり、子守唄なのかもしれません。季節感の演出に役立てるもよし。カーテン選びは、心地よいBGM選びですね。

「きちんと、キッチンと。」例えば、家事コーナー。"キッチンスペース=お料理するところ"じゃなくなるのがこの設えです。あえてひと空間を設けるほど大掛かりにならず、利用頻度の高いキッチンの脇辺りで、でしゃばって主張せずに、控えめに。そうすると、キッチンでの家事の合間の少しの時間でも、きちんと有効活用しやすくなるから案外便利で有り難い。料理レシピを練ったり、趣味を楽しんだりと。主婦のワタシスペースを、キッチン空間の隠し味のようにひとつ。少々のアイデアで、毎日の過ごし方に旨味がでてきそうですね。

「この~木、なんの木♪気になる木?」例えば、植物。春夏秋冬、花を咲かせたり、葉色を変えたりとさまざまな表情を見せ、色香を届けてくれます。そんな自然の営みを暮らしに取り入れてみる。そうすると、暮らしの中に季節感がプラスするだけでなく、日常の穏やかさや安らぎをもたらしてくれます。玄関脇や庭先の木々は、子供との背くらべをしているようで、まるで成長を記す柱の代わりにも。四季と共にある暮らし。日常や思い出の景色を豊かにしてくれるのはもちろん、我が家としての愛着まですくすくと育っていきそうですね。

「窓一枚、風景画一枚。」たとえば、窓。単に光と風の出入口だと思っていませんか?いえいえ、それは軽く扱いすぎ。じつは、窓って空間づくりの名脇役。窓の縁=額縁だと考えてみてください。見えてくるのは、毎日表情を変える風景。外光に朝日や夕焼けといった色があったり、縁ひとつの趣でも数えきれないほどあります。つまり、窓を主役に考えてみると、空間づくりに大きく貢献してくれると思いませんか。窓一枚が、家の自慢になることだって。家を建てるとき、周辺の景色に目を凝らして、借景として拝借、ですね。

「私らしさを作り付け。」たとえば、家具。新築となると、インテリアショップで買い揃えたくなるのも納得です。けれど、想定どうりのサイズがかなったり、お仕着せの使いやすさだったり。どうせなら洋服と同じように、暮らしにフィットする空間にしたいとは思いませんか。賢明なのは、作り付け。スペースに合わせるのはもちろん、使い勝手も風合いもセンスに合わせて。大掛かりじゃなく、トイレや洗面室にお洒落なカフェのエッセンスを取り入れることも。作り付け家具は、私らしさをカタチにする一生もののような"一緒もの"なんですね。

「庭を主役に。」たとえば、庭。暮らしの便利さを考えると、どうしても間取りや機能性を優先にしがち。けれどふと息をついたり、のびのび過ごすことも暮らしを豊かに感じさせてくれるもの。そこで、庭のある暮らしへ。家庭菜園で収穫したとれたて野菜のみずみずしさも、ただ眺めながら憩い寛ぐのもまた、庭があってこその贅沢。室内空間ではできなかった愉しさを、ひとつ、ふたつ、日常に。自分らしさがのびをして、趣味のひとときがぐんっと屋外に広がりそうですね。

「アイランド、マイランド。」例えば、キッチン。使い勝手はもちろんだけど、毎日使う場所だから気持ちよさや安心感も大切にしたいところ。そのためには、空間の見晴らしやデザイン性、コミュニケーション性も機能のひとつとして考えたい。確かに、L字型システムキッチンもいいし、カウンターキッチンだって素敵で便利。中でもオープンなアイランドキッチンがおすすめ。お子様と向き合いながら開放的な気分で過ごせると、お料理の腕前も美味しさもシェフ気分に。食育だって楽しめそうですね。

「ツユ、カビ、バイバイ。」たとえば、結露のこと。寒い冬場になると、室内外の温度差でジメジメが。放っておくと、やがて窓枠や壁紙を湿らせ、カビやダニを発生させることに。シックハウス症候群の一要因にだってなるんです。そこで、樹脂サッシでひと工夫。賢い機能が、外からの冷気を窓辺でシャットアウトしてくれるんです。しかも、冷暖房効率もグンっとアップ。お掃除の手間にもさよならできて、室内も家計も快適になりますね。

「純真無垢な床板。」たとえば、無垢材。天然の材木を加工した建築用材で、化学物質を含まない自然素材だとご存知ですか。そんな無垢材ですが、じつは私たちと同じように呼吸してるんです。だから、通気性が良い。それに、調湿作用も防虫効果も。精神的な安らぎまでももたらしてくれる。よく用いられるのは、床板として。年月を経るほど色を深めるその表情は、泥んこになって遊ぶやんちゃな子供のように、エッヘンとどこか自慢気。床の建材ひとつで、温もりや心地よさ、暮らしへの愛着まで変わってきそうですね。

「スーハー、スーハー、呼吸する土。」たとえば、珪藻土。それは、太古の植物性プランクトン(珪藻)が、長年にわたり堆積して化石化したもの。よく耳にするようになったこの土、じつはすごく優秀。目に見えないほど超微細な多孔質による吸放湿機能で、空気中の湿気が多いと吸い、乾燥すると吐き出すといった呼吸を繰り返しているんです。玄関壁もいいけれど、キッチンや洗面といった湿気の多い場所の調湿にも一役かってくれそうですね。

「ココロ、てらす、あかり。」たとえば、照明。その灯りから生まれる光の陰影は、吊るしたり、鎮座させたり、角度や色合いによっても表情が違います。天井や壁に間接照明を据え付けたとすると、やわらかな先が、ときには木漏れ日のように、ときには夕暮れのように思える瞬間だって。春夏秋冬、陽射しの色が違って見えるように、灯りひとつで室内の表情も、居心地もガラリと違ってくるんです。そう、照明は、室内を照らすだけでなく、ココロまで照らしてくれるもの。灯りのソムリエになった気分で、照明選びにこだわってみるのもいいですね。

「空間仕切って、気持ち仕切らず。」たとえば、格子家具。その名称のとおり、間仕切りに用いる格子状の建具のこと。現代建築では、よくお目にかかるようになりました。かといっても、種類やデザインはさまざま。枠組みだけで構成されている格子建具なら、光と風が行き渡り、空間の広がりを演出できるんです。もうひとつの魅力は、家族の気配を感じ取れること。ひと味違う和モダンなインテリアとしてだけでなく、格子越しにふれあいが生まれたり、家族の気持ちの風通しまで良くなりそうですね。

「冬の侘び寂、しんしんと。」たとえば、雪見障子。それは、明かり障子の一種で、紙貼障子の一部に透明ガラスを施したもの。室内側には、さらに紙貼の小障子(孫障子)がつけられていて、上下にスライドさせることができるんです。窓下から顔をのぞかせる季節の彩りや、しんしんと舞い降る雪模様。和モダンの装いに仕上げられた和室に、雪見障子をコーディネイトしてみると、ネオジャパネスクの侘び寂の趣を愛でることができるんですね。

株式会社マルヤマ
TEL.0742-51-1493 〒631-0044奈良市藤ノ木台1丁目8番1号
Copyright © 2013 株式会社マルヤマ All Rights Reserved.