基本性能・構造

断熱性・省エネルギー性

夏すずしくて、冬あたたかに。
次世代の快適さ。

住宅の断熱性能は、人が自然環境と共生しながら快適に暮らしていく上でとても大切です。一般的な住宅では、窓や扉などの開口部のは当然の事、外壁や屋根から意外に多くの熱が出入りしてしまう。だから、きちんと断熱策を施していない住宅は、せっかく室内を暖めても、冷やしても、空調を切るとすぐに外気の影響を受けて室温が変化してしまうのです。断熱性能・省エネ性能は、断熱性・気密性・換気計画・冷暖房効率の4つの要素によって大きく変わり、住み心地までも左右してしまいます。しっかりと断熱性能を考えることで、小さなエネルギーで室内全体を快適な温度は保たれ、温度変化もゆるやかに、住宅全体が断熱された一つの空間のようになり、室温を一定に保ってくれます。その事により省エネ性、快適性が向上するのです。マルマインハウスでは、地球環境にも人にも優しい家づくりを目指し、快適な暮らしを実感していただくために、次世代省エネ基準をクリアする省エネ構造計画、省エネ設備や機器などをご提案いたします。

※「次世代省エネルギー基準(平成11年省エネルギー基準)」とは、日本の住宅の省エネルギー性を高めるために、断熱や気密、冷暖房に関する基準を定めたものです。日本全国の気候条件に応じて、地域区分ごとに断熱、気密、日射遮蔽の基準値があり、この基準を守ることが、快適な住宅を創る一つの指針になります。

夏の冷房時(昼)に各部位から熱が入る割合 冬の暖房時に各部位から熱が入る割合

断熱材=フォームライトSL(ノンフロン発砲ウレタン吹付け断熱)

新吹付け断熱材「フォームライトSL」で、
家全体をすっぽり包み込む。

断熱の重要性が広く世の中に知れ渡った現在、様々なハウスメーカーや建材メーカーが断熱材を開発しています。主な断熱材としては、ガラスを原材料としたグラスウールや、鉱石から人工的に作れらるロックウールのほか、ポリスチレンフォーム、高発泡ポリエチレン、フェノールフォームなど、挙げればきりがありません。それぞれに長所・短所があり、一概に「この断熱材が絶対」と言い切れるものではありませんが、マルマインハウスでは、「地球環境にも、人にも優しいこと」を断熱材選びの基準として、現在はノンフロン発砲ウレタン吹付け断熱「フォームライトSL」を採用。住宅の隅から隅までをすっぽりと覆ってしまう現場吹付け発砲による新断熱工事を施すとともに、無数の細かい連立気泡で構成することでグラスウール10㎏の1.5倍にまで断熱性を高め、硬質ウレタンフォームの特性を大きく引き出しています。

[フォームライトSLのメリット]

また、他の断熱材では、材料そのものにこだわったとしても、施工によってはどうしても隙間ができてしまい、その隙間を気密テープで補ったとしても、施工精度が低いと正しい断熱性能の確保は期待できないと考えられます。さらに、断熱性を左右するのは断熱材だけではありません。施工において注意をはらわなければならない事と共に吹付け断熱をする事により、施工精度による断熱性能低下は確実に防ぐ事ができます。

従来の断熱材 吹付断熱材 排水及び給水管

 エコエア90(高効率・熱交換換気ユニット)

世界トップクラスの熱回収率90%を実現した
高効率・熱交換換気システム。

エコエア90は、熱(温度)と湿度の両方を交換する、一般的な全熱交換型からさらに進化した換気システムです。室内の快適さをそのままに換気を行うことが可能で、世界トップクラスの熱回収率により、すぐれた省エネ性を発揮します。

エコエア90は、東レ株式会社が開発した究極の極細繊維「ナノファイバー」を使用し、LIXILの換気システム技術で開発。 先端技術の融合によって、一歩先をゆく熱交換効率の高性能化を実現しました。

熱交換の高効率化を実現したTORAYナノファイバーエレメント

温湿度の交換は行いますが臭いは交換しないため、トイレも換気経路に含めることが可能です。

TORAY ナノファイバーエレメントは、ナノファイバーの持つ高透湿性と極限の細さを活かしたシートの薄膜化により、熱交換効率の高性能化を実現しました。

 サーモスⅡ-H(高断熱窓)

それは、断熱窓の進化と深化。
スマートシナジーシステムが可能にした最高水準の断熱性能。

優れた断熱性能と美しいフォルムの両立。
それを可能にするのがSAMOSⅡ独創のスマートシナジーシステム。
01 アンカー式グレチャン
02 フレームイン構造
03 高性能複層ガラス
これら先進技術が生みだす強力なシナジー効果により、
最高水準の断熱性能と高いデザイン性を実現しています。

一般住宅向け断熱窓で、最高水準の断熱・環境性能を実現したSAMOSⅡ

◎次世代省エネルギー基準Ⅰ・Ⅱ地域以南に適合する最高ランクの断熱性能。

寒冷地にも耐える優れた断熱性能で、一年中快適な室内環境と環境へのやさしさを実現。
熱貫流率では従来の標準品※1と比較して約33%も向上しています。

◎暖冷房費を節約し、CO2排出量も削減する優れた省エネ効果。

れた断熱性能で暖房時の熱の流出、冷房時の熱の侵入を抑制し、 暖冷房の効率を高めます。電気の使用量を減らすことで暖冷房費やCO2排出量を大幅に低減します。

パッシブ設計

夏すずしくて、冬あったか。
地球に優しく、家計にも優しく。

家の断熱性を上げることにより、冷暖房設備のエネルギー効率が上がり、省エネ性、快適性を向上しますが、季節によってはできるだけ環境に負荷をかけず、冷暖房にも頼らず、太陽の光や風をうまく取り入れながら自然や四季を感じて暮らしていただきたい。それを実現するのが、パッシブ設計です。マルマインハウスでは、家全体の差し込み方、熱の伝わり方、風の通り方、湿度の移り変わりといった人が心地よいと感じる温度環境との調和を考えながらカタチにしていく。空気・熱・光・風・エネルギーなど、見えない物のデザインも設計していくことで、自然の力を大切に使い、環境に優しいと同時に、人にも家計にも優しい住まいをご提案しています。

南側には落葉樹 夏の日差し 軒や落葉樹の葉で高い位置からの日差しを遮ります。 冬の日差し 太陽の低い冬、落葉樹は葉を落とし室内に日差しを通します。夏は木陰が照り返しを緩和し、葉の蒸散作用で周りの夏を奪い涼しい空気が生まれます。  北側には常緑樹 夏に北側も陽があたり木が水分を蒸発させるため、日なた側に上昇気流が生まれ、冷気を取りこみやすくなります。 一年を通して葉を落とさない常緑樹が北風を緩和します。

株式会社マルヤマ
TEL.0742-51-1493 〒631-0044奈良市藤ノ木台1丁目8番1号
Copyright © 2013 株式会社マルヤマ All Rights Reserved.