基本性能・構造

地盤・安全性・耐震性

地盤

安定かつ安全な地盤は、
緻密な地質調査の積み重ね。

安定した安全な地盤をつくることは、家を建てる前には不可欠。マルマインハウスでは、建物を支持する敷地の地盤をスウェーデン式サウディング試験により調査し、その耐久力を把握した上で必要な地盤改良を施しています。また、マルヤマは、造成段階から自社で施工しているため、各戸の敷地はもちろん、分譲地全体の地盤の特性などの地勢をボーリング試験や自社施工によりつねに熟知しています。

■スウェーデン式サウンディング試験

※スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)とは
先端にスクリューポイントを取り付けたロッドを用い、そのネジ状(スクリュー)になった先端部を回転させながら100㎏のおもりの力で押し込んでいき、そのときの半回転数(Nsw)を測定して地盤の固さを調べる方法。地表面から25㎝ごとに細かく計測することができ、得られるデータはNaと表され、その数値を4倍することで1mごとの反回転数(Nsw)として地耐力を算出します。

※ボーリング調査とは
ボーリング調査は、地盤(地質・土質・岩盤)調査の最も基本となる調査方法です。実際に孔を掘って地質の状態と強度概要を確認することが可能です。構造物(ビル・ダム・橋など)建設時の地盤の強度・特性の確認地下水位や地下資源の探査地盤沈下や地すべりなどの災害対策これら地質の状態を知る必要がある場合に実施されます。

ベタ基礎

気候・季節を見極める、
耐震性に優れたベタ基礎づくり。

地盤に接する基礎は、建物の負荷を受け止めながら地震・台風の時にかかる瞬間的な負荷をしっかりと地面に伝えなければなりません。マルマインハウスの現場では、コンクリート盤全体で重さを受けるため、支持耐力が強く、また、剛性の強さと防湿性能にも優れたベタ基礎を標準とし、より耐震性の高い住まいを実現。気候・季節により、コンクリートの温度管理、湿潤管理、養生期間の管理を自社施工により実現・徹底しています。

ベタ基礎イメージ

HS フレームシステム

木造金物構法の新革命。
「HS フレームシステム」

木造建築物をより自由にするために開発された「HS フレームシステム」は、従来の木造仕口・継手を金物接合に置き換えた画期的な構法。耐震性アップ・工期短縮・環境対応など、多くの導入メリットがあります。

基本構法

●HSS金物構法
これまで木造軸組構法の最大のウィークポイントは、柱と梁の接合部でした。HSS金物構法は、高精度・高強度を誇る金物で、構造の柱・梁・土台をバラつきなく確実に接合。バランスの良い接合部を保つ剛構造で、木造建築の耐震性や耐久性を格段に高めます。従来のHSZ金物の特長をベースに、小型化(奥行き従来比:約1/2)をはかることで、技術面とコスト面両方のメリットをさらに向上させたのが、この新開発の「HSS金物」です。また、小型化することで環境負荷を減らします。

[特徴]

①高い体力をキープ
柱と梁を接合するドリフトピンを1本増やしたことで、小型ながら従来どおりの高耐力を確保します。[図1]のように柱と梁の接合部にくり返し荷重を加える試験でも、HSZ金物と同等、在来工法と比較すると約1.5倍もの耐力があることが証明されました。さらに、地震時の揺れや、複合応力に対する安全性についても実験済みです。

②大幅なコストダウン
プレカット工場で事前に取り付けられる金物が、小型化によって出幅が小さくなり、かさばりません。物件によっては、トラック1台分少なくなりました。トラックの台数を減らすことで、トラックから排出されるCO2も削減。また、荷造り、梱包も簡単になります。
金物自体の小型化により、鋼材の使用量が減り、材料コストの削減、省資源化を実現します。 (※1本増えたドリフトピン分も加味しています。)

③断念欠損がより少なく
HSS金物を使用することによって、断面欠損が少なくなるため、木材の変形や柱・梁接合部のずれが小さくなります。また、金物の出幅に合わせて集成材に施されるスリット加工(切込み部)が小さく、目立たないため、木造の美しさを損ないません。

④在庫リスクダウン
金物のコストダウンにより、在庫費用が縮小されます。また、工場での保管の際に省スペース化もはかれます。

⑤施工がより簡単に
金物の出幅が小さく、簡単に手でボルトを押さえられるなど、施工・金物の取り付けがより簡単です。また、金物を事前に取り付けることで現場での工期も短縮、経費節減をはかれます。

⑥HSS金物はエコ
スリット加工時の切り欠きがより小さくなり、木くずなどのゴミの削減を図れるなど、地球環境に優しい工法です。また、鋼材の使用量を大幅に減らすことにより、CO2の排出量を削減することができます。 従来の金物に比べてスリット加工の奥行きが半分。加工時の摩擦抵抗が少なくなり加工も速くなりました。その結果、使用電気量、刃物の磨耗も少なくなり、省エネにも貢献。

構造用集成材「ハイブリット・ビーム」採用

強く、優しく。次世代の集成材
「ハイブリット・ビーム」

構造材として実績の高い樹種のベイマツとスギ(国産材)との融合により実現した、JAS認定構造用異樹種集成材「ハイブリット・ビーム」。曲げ応力負担の高いスギを使用し、スギ集成材のみでは得ることのできない強度性能を引き出した次世代集成材を採用しています。

国産スギ 軽くて粘り強い 弾力性・耐久性がある 抗菌性・耐蟻性がある ベイマツ 強くてたわみにくい 圧縮性能が高い 引張性能が高い ハイブリッド・ビーム 両樹種の優れた特性を組み合わせたJAS認定構造用異樹種集成材

試験風景 試験結果

●ポイント1:在来仕口耐力試験(蟻仕口)
ハイブリット・ビームとオウシュウアカマツを用いた5パターンで比較試験を行った結果、ハイブリット・ビームは、強度に優れたオウシュウアカマツと同等の蟻仕口性能を実証されています。

●ポイント2:異等厚集成材のJASを取得
[異等厚集成材について]
さらにスギ比率を高めるために、異等厚集成材のJASを取得しました。
[JAS認定の取得について]
JAS規格 第3条「構造用集成材の規格」の「ひき板の厚さ」について下記の記述があります。

この2番目の項目からハイブリット・ビームは、実証試験を伴うシミュレーション計算を行い、強度を確認することで異等厚集成材のJAS認定を取得しています。

●ポイント3:国産材への取組み
ハイブリット・ビームを使用することにより、日本全国に多く存在するスギを有効活用し、地球環境の保護に貢献。国内林業の活性化にもつながる、マルマインハウスならではの国産材への取組みです。

●ポイント4:土台の木材
建物の土台には、「桧」の人工乾燥材を寸法安定剤処理した、反りやくるいの少ない材料を使用しています。(防蟻防腐処理済)

土台

●ポイント5:安全性能(その他の建材)
シックハウス症候群は、使われる建材に含まれるホルムアルデヒドが原因のひとつです。マルマインハウスでは、暮らす人の健康に気づかい、ホルムアルデヒド対策済みの建材を使用。すべての建材において、ホルムアルデヒド放射量新基準最高等級「F☆☆☆☆」を採用しています。

F☆☆☆☆ 全ての建材に採用しております。

株式会社マルヤマ
TEL.0742-51-1493 〒631-0044奈良市藤ノ木台1丁目8番1号
Copyright © 2013 株式会社マルヤマ All Rights Reserved.