奈良の新築分譲住宅と注文住宅なら
マルマインハウスにお任せください

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

住まいのノウハウ

換気の重要性・住宅に使用する換気システム『エコエア90』がバージョンアップ

みなさんご存じでしょうか?私たちが毎日口にしているものの80%以上は空気だそうです。さらに子どもの場合、呼吸量が大人の約2倍。家の外に出ると空気中には排気ガスやPM2.5、黄砂、花粉、ウィルスや菌などがたくさん漂っています。ですので、こういった空気中の汚染物質も子どもは約2倍吸い込んでいることになります。
「食べ物」や「飲み物」の添加物や原産国など気にされる方は多いと思いますが、家族の健康を保つためには空気の質についても気をつけることが大切になってくるのです。

睡眠時間を含め、1日の半分近くをお家で過ごされる方も多いと思います。そんなご家庭内での空気をきれいに保つためにはどうすればいいのか、今日はお家の換気方法についてみていきたいと思います。

 

 

住宅の換気とは?方法は?

お家の中の換気というと、昔からの方法として換気扇や窓を開けるということを思い浮かべる方も少なくないかもしれません。ですが、それだと空気の質はそのまま、また温度や湿度も外の空気と一緒になってしまうため、暑い夏の日や寒い冬の日にはせっかく室内を快適にしたのにと、なかなか換気をしようとはならないのではないでしょうか?実は現在、法律で2時間に1度家の中の空気をすべて入れ換えらるよう「換気システム」の設置が義務付けられています。
というのも、国の推進により高気密・高断熱の省エネ住宅が広がっていて、その為に起こるリスク(シックハウス症候群など)をなくすため24時間、強制的に換気する必要がでてきたからです。

これは機械的に換気をするのですが、大きくは3種類あります。

第一種 第二種 第三種
給気 機械的 機械的 換気口のみ(自然)
排気 機械的 換気口のみ(自然) 機械的
計画換気

また第一種換気は全熱交換型と顕熱交換型に分かれていて、全熱交換型は温度と湿度を交換するため室内の快適な状態をそのままキープ。それに対して、顕熱交換型は温度だけを交換するため、夏や梅雨はジメジメした外気を、冬は乾燥した外気をそのまま室内に取り込みます。
日本では高温多湿な夏や過乾燥になる冬の環境にも対応できるよう、湿度も交換してくれる、全熱交換型が多く採用されています。

 

マルマインハウスが標準仕様として採用しているのはLIXILさんの『エコエア90』

こちらは先ほどお話しした第一種全熱交換型の換気システムで、世界トップクラス※の熱交換率90%ですので、例えば外の空気が0℃、室内が20℃だとしたら、換気をして新しく入ってくる空気は18℃となりますので、室内温度との差は2℃となります。
また、湿度についても以下の図のように夏と冬それぞれに室内の湿度に近づけて外気を取り入れますので、換気をしても室内の快適性を損なうことはありません。

(※2020年4月1日時点)

【引用画像】

出典:LIXILエコエア90最新カタログより

 

エコエアで換気をすることにより、換気システムそのものの電気代は高くなりますが、熱交換なしの換気をするよりもエアコンなどの冷暖房費が大幅に削減できるため、トータルコストはお得になります。

 

そんなエコエア90が新しくなりました

家を快適に換気してくれるエコエア90が、この夏新しくなり、LIXILの担当者さんが説明にきてくださいました。以前との違いは大きく3つ。

①防虫ネットで虫を取り、そのままゴミ箱へ捨てられるように。フィルター掃除が快適になりました。

②メンテナンスが楽にできるよう、壁の中に設置することが可能に。今までは天井や床に設置をしていたのですが、2ヶ月に1回程度フィルターのお掃除をする時に、天井だと脚立がないと届かず安全面や掃除をするためにワンアクション必要だったところ、壁に取り付けることにより手が届く高さで安全に行えるようになりました。

③フィルターの目が細かくなり、表面にはウィルスの繁殖を抑える加工が施されています。今までのフィルターは花粉についてはほぼ除去していたのですが、今回のフィルターはさらに小さいPM2.5もほぼ除去できるようになりました。

フィルターのお掃除などは体感してみないとなかなか気づかないのですが、天井にあると取り出したりするのが大変。また、虫が苦手な方にとってはついつい後回しにしてしまいたくなりますが、新製品ですとそういった心配がなくメンテナンスができます。ただ、壁付けの場合はその前に棚などの固定のものを置くことができなくなりますので、間取りを考える際には気をつけたいところです。

 

新型コロナウィルスに関連して

新型コロナの影響で3密を避けるための1つ、換気の重要性について話題にもなりましたが、お家の中においても換気は大切。最近はコロナの空気感染にも注目が集まっていますが、エコエアで家の中への侵入を防げますか?という質問の答えはNOです。というのも、ウィルスはとても小さく、これを通さないとなると、空気も通さないものになってしまい、逆にシステムとして成り立たなくなってしまいます。

では、コロナには効果がないのかとがっかりする方もいらっしゃるかもしれませんが、ウィルスは紫外線に弱く、家の周りの外気のウィルスを心配する必要はありません。むしろ中に持ち込んでしまった時に家の中からきちんと出すことが大切。そのためには、空気の入口と出口がしっかりしている必要があります。

エアコンのように入口と出口が一緒のシステムもありますが、それだと空気の流れが悪く、一か所に滞留してしまったりと汚い空気がきちんと排出されません。ですので、マルマインハウスでは以下のような流れをきちんと作っています。

『 外気 → 居室 → 水回り → 外へ 』

外からフィルターを通して入れたきれいな空気をまずは生活空間である居室へ。そして家の中で汚れた空気はトイレなどの水回りへ流し、さらに家の外へと排出する川の流れのような経路をきちんと作ってあげることが大事なんです。

 

環境と身体にやさしい家づくりのために

窓を開けることが換気と思う人も多いのですが、ただ窓を開けて換気をすればきれいな空気になるとは限りません。家の隙間をしっかりなくして、入口と出口の流れを作ることが、確実にきれいな空気を取り入れるためには大事なんです。
ご紹介した新しいエコエア90は8月より納品開始となりますので、今からご契約いただくお客様には性能がUPした新製品の設置となります。
環境と身体にやさしい家をつくるためには欠かせない換気システム。家づくりの際、あまり気にされない方も多いかもしれませんが、ここにもぜひ注目して家づくりを楽しんでください。ご紹介しきれなかったメリット・デメリットなど気になることはお気軽に当社までお問い合わせください。