奈良の新築分譲住宅と注文住宅なら
マルマインハウスにお任せください

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

施工事例

1坪の洗面もフォームで快適に

こんにちは、コーディネーターの山崎です。
年が明けたと思っていたら、もう1月も終盤に差し掛かり、デスクにむかってプランニングをしているとあっという間に時間が流れています。窓の外は明るいのに時計はとっくに17時過ぎていて、日に日に日没が伸び、季節が少しずつ進んでいるんだな~と感じています。

さて、以前に洗面・脱衣室の収納について投稿させていただきましたがご覧になられたでしょうか?(https://marumine.net/blog/11185.html)
その中でマルマインハウスでは1坪(2帖)ではなく1.25坪(2.5帖)の洗面脱衣室を提案させていただく事が多い事をお伝えしていました。ただ、間取りの関係や予算の関係でどうしても1坪しかスペースをとることができないという事もあります。またすでにお住まいになっている家が1坪しかなくて、収納もとれず使いにくい!という方も多いのではないでしょうか。

実は私の自宅もその1坪しかない洗面脱衣室なのです。今日はそんな1坪しかない洗面脱衣室を思い切ってリフォームした我が家の事例をご紹介したいと思います。

元々はよくある既製品の洗面化粧台 (幅)750+全面収納の3面鏡の左側にはトール収納 (幅)250を設置、右側には洗濯機を並べていました。
収納は化粧台下部の2段引き出しと両開き戸、三面鏡の裏側、トール収納だったので十分な量がありました。が、不満な点は化粧台の下の隙間へ埃や毛髪が侵入しても、洗面台が足元まであるのでキレイに掃除ができない事。化粧台本体の収納も、三面鏡の収納はほとんど使っていないというのが現状でした。

足元はオープンにして掃除ができるようにしたいし、引き出しなどの隠す収納は要らないな~、でも家族の下着などは置いておきたいなどと考えていくうちに、プランだけは早くに完成していたのですが、なかなか踏み切れず…昨年夏にようやくリフォームしました。
狭いスペースなので有効に使えるようにとカウンターもぴったりサイズに、下部の収納やミラー横、背面の可動棚も使用する収納BOXなどがきっちり入るように考え造作にしました。

正面横の棚のカゴにはタオル類、カウンター下のBOXはそれぞれドライヤー、ヘアアイロン、ストレートアイロン、ハンカチ類、背面の棚には掃除用品、歯ブラシなどの最低限のストック品、下着などを収納しています。

このようにストック品などを収納する場所は最小限にし、タオルや下着などを収納するスペースはしっかり確保することで、無駄な在庫買いなどもなくなり物の量が把握できるようになります。

リフォーム後は1坪しかスペースがなくても、その中で必要な場所に必要な量の収納を設けたことで快適で使いやすい洗面脱衣室になりました。
床面全体が見えているので狭さも感じず、お掃除もすごく楽に。またあえて選んだ大胆な大判フラワー柄の壁紙も、なかなか可愛くて毎朝元気に身支度ができてお気に入りです。遊びに来る友人たちは、イメージ違うわ~と笑いますが、自分ではぴったりだと思っています(笑)

これから家づくりを検討される方、リフォームを検討されている方もお気軽にご相談ください。機能的で素敵な空間のご提案をさせて頂きます!