奈良の新築分譲住宅と注文住宅なら
マルマインハウスにお任せください

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

お金に関して

住宅ローンの「フラット35」はどんな家族に向いている?

住宅購入を検討していると、「フラット35」というワードを耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、具体的に「どのような仕組みなのか分からない」と疑問を持つご家族さまも多いと思います。

そこで今回は、住宅ローンを検討する際に知っておくべき「フラット35」の基礎知識と、どのようなご家族さまにおすすめなのかをご紹介します。住宅ローン選びにお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

関連ブログ
住宅ローン

 

「フラット35」ってどんな住宅ローン?

フラット35の最大の特徴は「全期間固定金利型」の住宅ローンであること。2003年からスタートしたもので、全国300以上の金融機関が住宅金融支援機構と提携しながら扱っている住宅ローンです。金利は各金融機関によって異なりますが、比較的低金利なのが特徴となっています。

フラット35には、以下のような利用条件があります。

・申し込み時の年齢が満70歳未満であること(親子リレー返済を利用の場合、満70歳以上可)
・日本国籍を有していること
・フラット35を利用した場合に、返済負担率が基準値以下であること
・申込本人またはその親族の方が居住する住宅であること
・借入期間は基本15年以上で、上限は35年もしくは80歳から申込時の年齢を引いた年数のいずれか短い方

また、対象となる住宅にも条件が設けられています。

・住宅金融支援機構が定めた技術水準を満たす住宅であること
・床面積が一戸建てで70平方メートル以上、共同住宅で30平方メートル以上であること

住宅については、建築士資格を持つ第三者が検査を行ないます。その際、耐震性や省エネ性など一定の基準を満たしていると認められれば、一定期間金利引き下げが受けられる「フラット35S」という制度を利用できる仕組みとなっています。

詳細はこちら
初めての方へ:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

 

フラット35がおすすめな3つのケース

フラット35の利用条件や仕組みが分かったところで、実際にどのような人に適しているのでしょうか。ここでは、フラット35がおすすめな3つのケースをご紹介します。ご自身に当てはまる項目はないかチェックしてみましょう。

 

教育費など、返済費以外に貯蓄をしたい

フラット35の最大の特徴でもある「全期間固定金利型」は、月々の返済額が一定です。そのため、資金計画が立てやすいというメリットがあります。住宅ローンの返済以外にも、毎月安定して貯蓄をしていきたい方におすすめです。

お子さまがいるご家庭で教育費の積み立てを行なっていきたい場合や、老後の資金を着実に溜めていきたい場合などに適した住宅ローンといえるでしょう。

 

金利上昇のリスクを避けたい

フラット35は、住宅ローン完済まで金利が変わりません。融資実行時に金利が確定するため、金利の変動に左右されないという安心感があります。

経済や社会情勢の変化の激しい時代となったいま、金融市場の見通しを立てるというのは難しいものです。変動する金利に不安を感じる方、上昇リスクを避けたい方は、フラット35のような全期間固定金利型の住宅ローンの方が、安心して借入できるでしょう。

 

個人事業主・自営業の方

会社員や公務員と比べて、個人事業主の方は、事業運営や経済状況が収入の増減に直結しやすいくなります。ローン返済が滞るリスクが高いとみなされ、住宅ローンの審査が通りにくいこともあります。

その点フラット35であれば、申し込み者の審査基準が比較的ゆるやかといわれています。「収入が不安定」と判断されやすい個人事業主、自営業の方でも借入しやすいのも魅力といえるでしょう。そのほか、勤続年数や年収などの条件により、審査を通過するのが難しいと懸念されている方も、フラット35の住宅ローンならば借入できる可能性が高まります。

 

 

フラット35の注意点も知っておきましょう

フラット35の主な特徴は、以下の3つです。

・全期間固定金利型で資金計画が立てやすい
・金利変動に左右されない
・審査基準がゆるやか

これらをメリットを感じるご家族さまは、フラット35の住宅ローンを視野に入れるとよいでしょう。

ただし、注意点についても知っておくべきといえます。

「全期間固定金利型」の場合、金利は金融機関によって異なりますが、一般的には変動金利よりも金利が高く設定されています。金利の変動に左右されないという安心感はありますが、借り入れ後の金利が低下しても、返済額は変わりません。

市場金利の低下によって返済額が減少する「変動金利型」と比べると、マイナスに感じる方もいるでしょう。

また、フラット35に契約するには、住宅の技術基準を満たしている必要があります。物件の検査が必須となることにデメリットを感じるかもしれません。

以上のようなマイナス面も理解したうえで、フラット35が適しているのか、そのほかにも検討の余地があるのかを考えてみましょう。

詳細はこちら
金利のタイプとは?:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

 

住宅ローンを検討する際は、家族のライフプランとともに

「理想の住まいで、安定した生活を送りたい」、そんなご家族をサポートしてくれるのが、フラット35の住宅ローンです。全期間固定金利という特徴により、長期にわたって安定した生活設計が可能になります。

「子どもの将来のために十分な貯蓄もしたい」「金利変動に対する不安を抱えたくない」「雇用形態や収入面に不安がある」といった方は、フラット35の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

このほかにも、資金計画に関するご要望やお悩みは、ご家庭によってさまざまかと思います。マルマインハウスでは、ご家族さまが安心して家づくりができるように、資金面についてもしっかりサポートいたします。

ご家族さまの家計状況やライフプランなどを踏まえて、悩みがちな住宅ローン選びもお手伝いさせていただきます。予算や住宅ローンに関する疑問や不安をお持ちの方は、マルマインハウスまでお気軽にご相談ください。

  • 「家を買う前に読む本」
  • ローンシミュレーション