奈良の新築分譲住宅と注文住宅なら
マルマインハウスにお任せください

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

住まいのノウハウ

今注目の「スキップフロア」って?空間を無駄なく使う、間取りのアイデア

「狭い家だけど開放的に暮らしたい」「空間にメリハリをつけたい」
そんな願いを叶えてくれる、今話題のスキップフロア。

中2階のようにフロアに段差をつくって多層構造にすることで、デッドスペースを有効活用して部屋数&収納を増やしたり、マルチに使えるプラスαの空間を実現できます。

マルマインハウスでは、スキップフロアを活用した開放的な住空間や、ご家族のライフスタイルや個性に応じた多彩な空間づくりが得意。作る場所や仕切りの工夫によって、さまざまな間取りのアイデアをご提案いたします。

今回は、多層空間を生み出す「スキップフロアを取り入れた家づくり」の魅力をご紹介します。

 

関連ブログ
こだわり スキップフロア

 

ダイニングから段差でつながる、プライベート感のある和室

開放感のあるダイニングが魅力の住まいに取り入れたのは、家族を感じながらでも心落ち着くプライベート感のある和室。

階段を数段上がったところに設置した和室は、フロアを立体的に見せてくれ、ダイニング空間にメリハリを生みます。

仕切りにはスライドできる格子戸を採用することで、空間を完全に遮断してしまわず、緩やかなプライベート空間を実現。ほどよい距離感を確保しつつも、ダイニングにいる家族を感じられることが魅力です。

客間として利用するのはもちろん、家族や親戚が大勢集まったときや、思い思いの時間を過ごしたいときにも最適。段差と仕切りの工夫ひとつで、囲まれているかのような安心感のある空間に仕上がりました。

 

参考事例
伝統と革新の融合。和風モダニズムの家

 

吹き抜け×階段スペースでつくる、自由な空間

明るく開放的なリビングの吹き抜けを活かして、2階へ上がったところの踊り場スペースを大きく広げ、吹き抜けに面した自由なスペースをご提案。

2階の個室へ向かうための通路としてだけではなく、ひとつの部屋として使えるよう、壁一面に棚を取り付ける工夫も。子供たちの使う遊び道具を収納したり、好きなものを飾ったりと、収納&ディスプレイスペースとして活用できることがポイントです。

どんな風に空間を使うかはご家族次第。子供の勉強机を設置したり、パパやママの仕事&趣味部屋として利用するなど、ライフスタイルに応じて自由にカスタマイズも◎。

吹き抜けでリビングと繋がっているから、家族と空間を共有しながらも、家族それぞれが自分の時間を過ごすことができます。「ご飯ができたよ~」なんて会話がスムーズにできることも魅力のひとつです。

 

参考事例
おうちカフェを楽しむ家
お客様の声
出会いから数年 信頼関係でつくり上げた、期待以上の家

 

リビングとダイニングが緩やかにつながる住まい

狭小地はもちろん、広々としたフロアに動きを持たせてくれるのもスキップフロアの魅力。それぞれの部屋を壁ではっきり仕切ってしまうのではなく、下の段にはリビング、上段にはキッチンとダイニングというように、2つのエリアを緩やかにつなげるアイデアをご提案。

段差を設けたエリアには、床の色や素材を変えることにより、それぞれのエリアを区切らずとも境界線を意識できる空間に。違和感なく全体の空間に彩りと変化を与えています。

また、2階の部屋へつながる階段のホールには、隠れ家のような書斎スペースを用意。1階いる家族の様子を感じながら、1人きりで読書や仕事に集中できる、プライベート空間が叶いました。

その他にも、洗面台やランドリースペースには床の質感と段差を活用して、エリアを視覚的に区分けするアイデアも。テラスまでの家事導線がスムーズになるだけでなく、空間に奥行きが生まれることで、より解放的に感じられる空間となりました。

 

参考事例
モダンさと伝統美が調和した邸宅
お客様の声
格別な解放感が生む、ゆるやかな空気が流れる家

 

高低差を活かせば、無駄なスペースがなくなり収納力もアップ

仕切りや段差を取り入れ方次第で、趣味や勉強部屋などのプライベート空間を作ったり、奥行きのある立体的な住空間が叶うスキップフロア。

メリハリのある空間を作れることも魅力ですが、通常の2階建てや3階建てで生まれやすい「デッドスペース」を上手く活用できることも、スキップフロアの大きな魅力といえます。

段差をつくった階段部分に引き出しを取り付ければ、便利な収納スペースの誕生。全体の雰囲気やインテリアを邪魔することなく、収納スペースをたくさん用意できます。

また、狭小地であっても、0.5階や1.5階など多層構造することによって床下面積が広く活用できます。棚を設置して収納スペースとして使うのはもちろん、ひとつの部屋として使うこともできるので、同じ土地面積でも空間を広く使うことができるのです。

「狭小地でも収納力のある家にしたい」「家族のコミュニケーションが生まれる家にしたい」というご家族さまには、スキップフロアを検討してみては?

マルマインハウスでは、家族の時間も自分の時間も、どちらも大切にできるスキップフロアのある家づくりを実現します。「家事をしながらでも子供の様子が見えるようにしたい」「趣味に使えるちょっとした空間がほしい」など、ご家族の理想やライフスタイルに併せてぴったりな間取りをご提案。

どんな家にしたいのか、イメージがはっきり決まっていないご家族も大丈夫。住まいに取り入れてみたいアイデアや、叶えたい暮らしを私たちにお聞かせください!お客さまの一歩先を行く多彩な空間設計で、豊かな暮らしを実現します。