奈良の新築分譲住宅と注文住宅なら
マルマインハウスにお任せください

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

土地選びのポイント

コストDOWNだけじゃない?建築条件付き土地で家を建てるメリット

マイホーム購入に向けて土地を探していると、「建築条件付き土地」というものを目にすることがあります。

建築条件付き土地とは、土地を契約する際に、指定された建築会社と契約することが条件になった土地のこと。”土地+建物”をセットで契約できるため、別々で土地を購入するよりも、土地購入のコストを抑えられるという魅力があります。

でも、建築条件付き土地の魅力はコストDOWNだけではありません。他にもさまざまなメリットがあるので、マイホーム購入の選択肢のひとつとして視野に入れてみてはいかがでしょうか。今回は、建築条件付き土地の仕組みとメリットについてお話しします。

 

関連ブログ
土地探しでよく見る「建築条件付き」とは?賢くコストを抑える分譲地の魅力も◎
予算内で建てる!「土地+建物」のコスト調整で希望どおりの家に

 

建築条件付き土地とは?知っておきたい基本の条件ついて

建築条件付き土地とは、指定の建築会社と住宅を建てることを条件とした土地のこと。その土地を購入すると、土地の売り手が定めた建築会社で家を建てることになります。

基本的な条件は次のとおり。

・土地を購入したあと、指定の建築会社と建築請負契約を結ぶ
・建築会社は土地の売主、又は売主が指定する会社になる
・一定期間内に指定の建築会社で家を建てる

建築会社を自由に選ぶことはできませんが、その分売主にとっては「土地と建物」のセットで利益を生めるため、別々で土地を購入するよりも、土地の値段が割安に設定されていることが一般的です。また、土地の売買において仲介業者がいる場合も、建物についてはすでに請負先が決まっているため、建物に関する仲介手数料も発生しません(土地の売買のみ発生します)。

「土地と建物を別々で探すのが大変」「土地代金をできるだけ抑えたい」という人に向いている土地といえるでしょう。

 

 

間取りや建築プランの自由度も高い

建築条件付き土地と聞いて気になるのが、「自分好みの家にしてもらえるの?」という点ではないでしょうか。よく混同しやすいものに「建売住宅」がありますが、建売住宅では建築プランがあらかじめ決まっているため、自分好みの間取りやデザイン、設備等にこだわることはできません。

これに対して建築条件付き土地では、建てられる家について内容がだいたい決まっている中から選ぶ場合もあれば、間取り・設備などを基本的に自由に決めることができる場合もあります。ちなみにマルマインハウスは後者です。自由度については建築会社にもよりますが、家族構成やライフスタイル、好みのデザインなどに応じた住宅設計ができるため、「建売住宅では満足できない…」という人でも満足されやすいといえます。

 

建築条件付き土地で家を建てる4つのメリット

土地選びの手間や、購入コストを抑えられる建築条件付き土地。その他にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

①家づくりをスピーディに進められる

土地選びが難航している人も、建築条件付き土地ならスピーディに家づくりを進められるというメリットがあります。建築条件付き土地では、土地の購入から一定期間内に建築請負契約を結ぶことが条件となっており、その期間は約3ヵ月が一般的です。

そのため、土地を購入してから「建築会社がなかなか決まらない」「建築会社との打合せがスムーズにいかず、期間だけが経過してしまった」という事態を防ぐことができます。

また、建築会社と納得できる設計プランがなく、所定の期間内に建築請負契約を締結できなかった場合は、土地の売買契約も白紙解除することも可能です。その場合は、支払った手付金は返金されて、違約金や損害賠償金なども発生しません。土地の売買契約後であっても、建築請負契約を締結する前であれば、白紙解除できるため安心です。

 

②住宅ローンの複雑な手続きもスムーズ

家づくりでもっとも大変といえるのが、住宅ローンの手続き。すでに建物が完成している建売住宅であれば、住宅ローン契約も単純なのですが、土地を建物と別々で購入する注文住宅の場合は、そう簡単には進みません。土地のコスト・建物のコストを別々に支払わなければならないため、住宅ローンの契約や商品選びが複雑になりがちです。

その点、建築条件付き土地であれば、土地と建物のトータルコストを把握しやすく、同じ企業や担当者に住宅ローンの手続きを一貫して任せられるメリットがあります。返済プランの全体像を事前に把握しやすいため、無理のない資金計画を立てやすいという安心感もあります。

また売主にもよりますが、家が建ってから土地と建物の両方を一緒に決済するところもありますので、その場合は建売住宅と同じように住宅ローン契約も一度で済むため、手続きが複雑でなくなるだけでなく諸経費をおさえることもできます。

 

③土地の整備費用が発生するリスクを抑えられる

土地だけを別で購入する場合、土地の購入費だけでなく、住宅を建てるまでに思わぬ追加費用が発生することがあります。

代表的なものには、以下があります。

・地盤調査費用
・地盤改良費用
・上下水道引込費用
・境界ブロック費用
・二次造成費用(擁壁工事など)

地盤が軟弱な場合は地盤改良が必要になったり、ガスや上下水道が引き込みされていない土地では別途整備費用が発生します。なかでも地盤改良工事には数十万~百万円以上のコストがかかることもあるため、「土地自体は安かったのに、後から思わぬ費用がかかってしまった…」という人も少なくありません。

建築条件付き土地の場合は、土地価格にこれらの整備費用が含まれていることが一般的です。土地を購入した後に追加費用が発生するリスクを抑えられるため、予算どおりに家づくりを進められるというメリットがあります。

 

④まとまった区画であれば、街並みもキレイに整備されている

土地選びでは、周辺環境や街全体の雰囲気なども重要なポイントです。住み始めてからの生活に大きくかかわる部分なので、何を優先すればよいか分からず、理想の土地がなかなか見つからないという人も多いはず。

建築条件付き土地では、一社がまとまった区画ごとに分譲地を販売しているケースも多くあります。道路など交通面に配慮されていたり、街全体の統一感が生まれるように整備されていたりと、新しくキレイな街で暮らせるというメリットがあります。

また、新しい土地で生活するとなると、すでにある近所のコミュニティに入りづらく、ご近所さんと馴染みにくいといった心配もありますが、まとまった区画で販売されている建築条件付き土地であれば、周辺の世帯が同じくらいの時期に入居することになるので、ご近所付き合いが気楽にできるという魅力もあります。

 

マルヤマの分譲情報
鳥見町プロジェクト
富雄北プロジェクト
生駒台南Ⅱプロジェクト
学園大和町プロジェクト
大和郡山・千日町プロジェクト

 

個性あふれる暮らしを提案する、マルマインハウスの分譲プロジェクト

「理想の土地が決まらない」「住まいの個性も大切にしたい」そんな方にご提案するのが、建築条件付き土地で建てる、マルマインハウスの分譲プロジェクト。

当プロジェクトでは、選んだ土地の特性をしっかり見極めたうえで、”静かな環境で暮らしやすい街””利便性を兼ね備えた街”など、街づくりのコンセプト設計から手掛けています。家そのものはもちろん、「住み始めてから街が好きになった」と思ってもらえるような住環境をご提供いたします。

それぞれの区画には、土地特性を考慮したモデルプランをご用意。ただしこれはあくまでもモデルプラン。お客様と打合せを重ね、内装仕様や設備、間取りなどは自由に決められるため、ご家族の感性や個性を住まいに反映できるのが魅力です。

住まいの個性や自由を諦めることなく、土地探しのコストや手間を減らし、スムーズに家づくりが進められるため、コストを抑えたい人や、家づくりをスピーディに進めたい人にもおすすすめ。また分譲地ごとにその土地に合ったコンセプトでデザインなどを考えているため、ご家族に合った暮らしがきっと見つかるはずです。

マルマインハウスの分譲プロジェクトについて詳しく聞きたい、建築条件付き土地に興味があるという方は、ぜひお気軽に当社までご相談ください。