奈良で注文住宅を建てるなら
高性能とデザインにこだわるマルマインハウス

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

土地選びのポイント

土地付き注文住宅完成までの流れ。失敗しないために知っておきたい注意点

マイホームを建てるとき、「土地付きの注文住宅ってどうなの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

土地付きの注文住宅は、土地探しの時間を短縮できるといった魅力がある一方で、さまざまな制限があります。よく理解しないまま購入すると、後々になって「もっとこうしておけば…」と後悔が残ってしまうことも。

納得のいくマイホームを叶えるためには、土地付き注文住宅を建てるまでの流れや注意点について知っておくことが大切です。

そこで今回は、土地付き注文住宅の基礎知識をはじめ、契約から完成までの流れ、注意点などを解説していきます。

 

 

土地付き注文住宅とは

土地付き注文住宅とは、建築会社や施工期間などがあらかじめ決まっている“建築条件”がついた土地で建てる注文住宅のことをいいます。

一定期間内(一般的には3ヵ月)に締結することが条件とされているので、建物とは別に土地を探して購入する必要がないためスムーズに家づくりが進められるメリットがあります。

また、土地と建物を別々で購入する場合と比べて、低コストで購入できることも魅力のひとつ。なぜコストを抑えられるのかというと、「土地の売買」「住宅の建築」といった両方の取引を一度に行うことで、全体の価格を抑えても利益を出しやすくなるためです。

なお、土地付き注文住宅の場合、「住宅のデザイン・設計は自分で決められるの?」と疑問に思う方も多いはず。

デザインや設計の自由度は施工会社によって異なりますが、マルマインハウスの土地付き注文住宅では、お客さまのご希望をできるだけ反映できるセミオーダーの設計が強みです。

関連ブログ
「土地付き注文住宅」と「建売住宅」は何が違う?コストや柔軟性などを比較!

 

契約から引き渡しまでの流れ

それでは、土地付き注文住宅の契約から引き渡しまでの流れを見ていきましょう。
引き渡しに至るまでの流れは、以下のとおりです。

1.設計プラン等の打ち合わせ
2.土地の売主と土地売買契約を締結
3.指定の施工会社と建築工事請負契約を締結
4.着工開始~完成
5.引き渡し

1.設計プラン等の打ち合わせ

土地を契約する前に、住宅のデザイン・設計プランについて打ち合わせを行います。土地付き注文住宅では、土地・建物の契約を一緒に行わない方式が一般的だとされていますが、この時点でプランが固まった場合には、同時締結をすることもあります。

2.土地の売買契約を締結

土地の売買契約を締結します。契約日には、手付金として代金の10%程度を支払います。

3.指定の施工会社と建築工事請負契約を締結

土地の売買契約を締結したあと、指定の施工会社と建築工事請負契約を交わします。その後、施工会社と何度か打合せを行い、具体的な設計プランを練っていきます。建築工事請負契約は、指定の期間内に締結する必要があります。

4.着工開始~完成

建築工事請負契約の締結後、工事がスタートします。着工時には着工金、上棟時には中間金を支払います。

なお、マルマインハウスの土地付き注文住宅(分譲プロジェクト)の場合は、土地契約時と建物請負契約時にそれぞれ契約金は発生しますが、着工金や中間金は発生しません。

5.引渡し

工事が完了すると、いよいよ引渡しです。竣工図や保証書・取扱説明書一式、建物の鍵などを受け取ります。引き渡しが完了すると住宅ローンが実行され、返済がスタートします。

 

土地付き注文住宅を選ぶ際の注意点

土地付き注文住宅について、住宅完成までの大まかな流れは掴んでいただけたかと思います。契約締結後に「思っていたのと違う」といった事態を招かないために、以下の2つの注意点について知っておくことが大切です。

①自由設計の範囲について

コストは抑えつつ、ある程度自由にプランニングできる点が土地付き注文住宅の魅力です。しかし、注文住宅のようにすべてフリープランというわけではないため、どの程度希望を反映できるのか、事前に確認しておく必要があります。

確認しておきたいポイントとしては、「選択できる設備にはどのようなものがあるか」「間取りの選択肢はどのようになっているか」などがあります。

打ち合わせの前には、自身がこだわりたい部分と妥協できる部分などを明確にしておくと、スムーズに家づくりを進められます。

マルマインハウスの分譲プロジェクトは、住宅の必要な設備については、標準仕様のなかでも豊かな暮らしを実現できるように設定しています。限られた予算のなかでも、快適に暮らせる住まいをご提案いたします。

マルマインハウスの分譲住宅の設備については、こちらをご覧ください。
マルマインハウスの分譲住宅なら標準仕様でも大満足!

 

②土地・建物の契約について

土地付き注文住宅においては、土地の売買契約を締結してから、施工会社と打ち合わせを重ねて建築請負契約を締結する流れが一般的です。

ところが、住宅プランの打ち合わせが不十分なまま、土地・建物の同時契約をしてしまうと、納得のいくプランが決まらずに契約解除に至ってしまうケースがあります。タイミングによっては、手付金が戻らない場合もあるため注意が必要です。

また、住宅のデザイン・設計のプランが固まっていない状態で契約すると、「もっと自由な設計にしたかった」「こんな間取りがよかった」などと後悔してしまうことになりかねません。そのような事態を避けるためにも、契約締結に至るまでに十分に打ち合わせをすることが重要です。

 

マルマインハウスの分譲プロジェクト

土地付き注文住宅には、土地探しから完成までがスムーズで、コストを抑えやすいといったメリットがあります。

失敗しないためには、施工会社と十分に打ち合わせをしたうえで契約締結することが大切です。家づくりにおいて、ご自身が譲れない部分、こだわりたい場所を明確にしておくと、具体的なプランや間取りなどを決めやすくなります。

マルマインハウスの分譲住宅では、内装仕様や設備が選択可能なセミオーダースタイルを採用しています。分譲住宅の場合にも、ご家族さまのご要望をお聞きしながら、住まいづくりのお手伝いをさせていただきます。お気軽にお問合せください。

関連ページ
マルヤマの分譲住宅
  • 「家を買う前に読む本」
  • ローンシミュレーション