奈良の新築分譲住宅と注文住宅なら
マルマインハウスにお任せください

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

家づくりについて

省エネ性能でよく見る「UA値」って?C値・Q値の基準も解説

いよいよ冬らしい気温になったこの頃。これからますます冷え込みが厳しくなるので、暖房やストーブをつける時間も増えるのではないでしょうか。そんな冬になると気になるのが光熱費。

冬はエアコンの設定温度と外気温の差が大きかったり、ヒーターなどの暖房器具を稼働させるため、夏よりも光熱費が高くなるといわれています。エネルギー消費をおさえて、お家のなかで暖かく過ごすためには、冷気を遮断する「断熱性能」が重要なカギとなります。

そこで知っておきたいのが、断熱性能を示す「UA値」。断熱性能が高くなると、冬も夏も快適な暮らしをしながら冷暖房の利用を抑えられることから、住まいの省エネ性能を測る基準になります。

そこで今回は、「UA値ってよく見るけど詳しく知らない」「C値・Q値と何がどう違うの?」という疑問をお持ちの方に向けて、UA値とは何なのか、C値・Q値についても分かりやすく解説します。

 

 

寒さの原因は「断熱性」にある?

冬の寒さが厳しくなると、「暖房器具をオンにしてもなかなか暖まらない」「暖房を入れたのに底冷えする」などの経験はありませんか?

私たちが室内で寒さを感じるのは、外の気温だけでなく、冷たい外気が窓や壁、床下を伝って建物を冷やしていることが主な原因です。窓からのすきま風や、床下の底冷えなども、寒さを助長させている要因のひとつです。

こうした窓や壁、床、屋根などからの「冷気の侵入」や「熱の流出」を防ぐためには、住宅の「断熱性」が重要なポイントとなります。

断熱性能が低く「熱が通りやすい家」だと、暖房やヒーターで室内を温めても、窓や壁などから暖かい空気が外部へと流出してしまいます。部屋がなかなか暖まらないだけでなく、部屋を暖めようと暖房器具がフル稼働するため、光熱費が高くなる原因にもなります。

暖房コストをおさえて、お部屋を暖かく快適に過ごすためには、断熱性に優れた住まいづくりが大切なのです。

 

UA値とは?断熱性を比べる指標になる

UA値とは「外皮平均熱貫流率」の略称で、建物内部の窓や壁などから、外部へと逃げる熱量を外皮等の面積全体で平均した値のこと。いわば、住宅の「熱の逃げやすさ」を示した数値といえます。

計算式は次のとおりです。

「家全体から逃げる熱量の合計」については、以下の場所から求められます。

・屋根(天井)
・外壁
・床
・窓やドアなどの開口部
・基礎

これらの熱損失量を合計して、住宅の外皮面積で割った数値がUA値となります。
UA値の値が小さいほど熱が逃げにくく、「断熱性能が高い」住宅といえます。

関連ブログ(後半部分で「住宅の断熱においてチェックしたいポイント」をご紹介しています)
安心な住まいに求められる構造とは?何に影響するの?

 

C値・Q値とは?UA値と何が違うの?

断熱性能について調べていると、「C値」「Q値」という表記を目にすることがあるかと思います。これらはどちらも省エネ性能を示す数値ですが、UA値とは異なる点があるため、その違いを理解しておきましょう。

■C値

C値とは、家にどれくらい隙間があるか、気密性を数値で表したもの。数値が小さいほど、気密性能が高く、省エネ性能に優れています。気密性の高い住宅は、外気が部屋に侵入するのを防いで冷暖房の効きが良くなるため、省エネで快適な住まいといえます。このC値は、住宅の省エネ性能を示す重要な指標となるため、断熱性能とセットでチェックしておくとよいでしょう。

■Q値

Q値とは、建物内部から逃げる熱量を、延べ床面積で割ったもの(熱損失係数)。UA値と似ていますが、算出方法が異なるため評価にも違いがあります。UA値では換気による熱損失は含みませんが、Q値は換気も含みます。また、UA値では「壁や床、天井などの熱損失の合計で割る」のに対して、Q値は「建物の延べ床面積だけ」で算出しています。

Q値で算出すると、延べ床面積が大きいほど値も小さくなり、性能が高く評価されるため、正確な数値とはいえません。そこで、省エネ基準の改正によって、2013年からはQ値にかわってUA値が用いられるようになりました。断熱性や省エネ基準を調べるときは、UA値での比較がおすすめです。

 

UA値の基準は?理想の数値を知ろう

UA値は、政府が定めた省エネルギー基準や、ZEH基準を満たしているかどうかで評価することができます。基準は各区域によって異なりますが、地域区分ごとの基準は次のようになっています。

■UA値(外皮平均熱貫流率)の基準

地域区分/推奨グレード入額 1 2 3 4 5 6 7 8
主な地域 北海道 北海道
東北
東北
甲信越
中部
関東
北陸
関東
東海
近畿
四国
東海
近畿
中国
四国
九州 沖縄
建築物省エネ法
(H28省エネ基準)
UA値 0.46 0.56 0.75 0.87
ZEH 0.40 0.50 0.60
HEAT20 G1 0.34 0.38 0.46 0.48 0.56
HEAT20 G2 0.28 0.34 0.46
HEAT20 G3 0.20 0.23 0.26  

住宅のUA値が上記の数値より小さければ、断熱性能の基準を満たしているといえます。ただし、UA値の基準には省エネ法による基準だけでなく、さらに厳しい「ZEH」や「HEAT20」も設けられています。より優れた断熱性能を求めるなら、省エネ基準を満たすだけでは十分とは言えないかもしれません。

 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高い断熱性能をベースに、高効率な設備システムの導入によって我慢することなく快適な住環境を維持しながらも大幅な省エネ化を実現。さらに自宅でエネルギーを創る創エネを取り入れることで、年間のエネルギー消費量の収支をゼロにすることを目標とした住宅のことです。省エネ基準よりもワンランク上のUA値を満たす必要があります。政府は、2020年までにハウスメーカーなどが新築する注文住宅の半数以上で、2030年までには新築住宅の平均でZEHを実現すると目標を掲げています。

 

関連ページ
マルマインハウスのZEH住宅とは

 

HEAT20

HEAT20とは、2020年を見据えて住宅の高断熱化や技術開発、高断熱住宅の普及を目的とした団体のこと(一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会)。各地域の代表的な暖房方法を調査・検討し、「冬の室内温度環境」「省エネ性能」を踏まえて、UA値の基準が設けられています。その基準は省エネ法やZEHよりも高い水準となっているため、基準を満たせば、ハイクラスな断熱性能を備えた住宅といえます。現在G1~G3の3つのグレードがありますが、数字が高くなるほど高い水準値が設定されています。

 

※UA値=熱貫流率(奈良県が該当する地域区分6の場合)

関連ページ
ゼールマルマインについて

 

マルマインハウスの「省エネ住宅」への取り組み

マルマインハウスでは、外気に影響されにくい省エネな住まいを作るために、高性能な断熱材や、エネルギー消費を抑えるさまざまな設備を導入しています。また、エコジョーズやエコキュート、エココア90などといった効率のよい給湯設備や換気設備などを取り入れることで、住宅のエネルギー消費量を抑えています。

関連ページ
断熱・省エネ性能を詳しく見る

 

さらには、地球温暖化という世界的な問題に対して、CO2削減は住宅づくりに避けられない課題といえます。マルマインハウスでは、断熱や省エネ性能はZEH基準を満たし、創エネ設備を設置しやすくなるサービスをご用意して、暮らしのエネルギー消費をプラマイゼロにする「ZEH」の実現を目指しています。2019年度のZEH実績は54%に達しており、2020年度はさらに実績数も上がる予定。またBELS評価(※)も5つ星を獲得しています。

快適な暮らしを実現しつつ、効率の良い住宅性能でエネルギーロスを抑えて、地球にも住む人にもやさしいを住まいを実現してみませんか?

※第三者評価機関が、新築・既存の建築物の省エネ性能を評価して認定する制度

 

暮らしを快適に。優れた断熱性能で省エネ生活を叶えよう

高い断熱性・気密性のある住まいは、外気が部屋の中に侵入しにくく、暖かい空気を外に逃がさないため、暖房器具に頼らない魔法瓶のような住まいを実現します。

寒さ知らずの快適な暮らしが可能になるほか、エネルギーロスをおさえて光熱費の削減にも貢献します。また、断熱性が優れた住まいは、夏の熱さから建物を守り、冷房が効きやすくなる効果も。「夏は涼しく、冬は暖かい」といった省エネ生活で、快適な暮らしを手に入れてみませんか?

マルマインハウスの断熱や省エネ性能、ZEH住宅が気になるという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連ページ
住宅の性能に関する内容のブログ記事一覧
ZEH以上の高性能住宅、ゼールマルマインに関するブログ記事一覧
ZEHに関するブログ記事一覧
  • 「家を買う前に読む本」
  • ローンシミュレーション