奈良の新築分譲住宅と注文住宅なら
マルマインハウスにお任せください

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

インテリア&収納術

毎日使うからこそこだわりたい。トイレ空間をおしゃれにする壁紙・収納のワザ

お家の中で、毎日何度も使う場所になるトイレ。気持ちのよい空間にしたいのはもちろん、ホテルやカフェのようなおしゃれな空間に憧れる人も多いのではないでしょうか。しかし、リビングやダイニングと比べて限られたスペースの中、ついモノで溢れてしまったり、殺風景になりがち。

さらには、プライバシーや衛生面も考慮しなければならず、外からの視線が気になったり、収納場所に困ったりと何かと悩むポイントも多いものです。

そんなトイレを、快適な空間に変えるためにこだわりたいのが「壁紙」と「収納」です。空間づくりに少しの工夫をすることで、自慢したくなるようなおしゃれなトイレ空間を演出できます。今回は、小さなトイレ空間でもできる、壁紙や収納のワザをご紹介します。ぜひ、マイホームのトイレ作りのヒントにしてみてください。

 

穏やかな空間をつくる、ナチュラルグリーンの壁紙

トイレの壁紙は一色で統一するのもよいですが、1面に色みのある珪藻土を取り入れるのもおすすめ。深みのあるナチュラルグリーンは、自然との調和を連想させる色のため、安心感や癒しを与えてくれる効果があります。トイレの横一面にアクセントとして取り入れて、心をリラックスできる空間を演出しています。

窓は、外からの視線が気にならないよう配置を工夫したりフロストガラスを使い、温かい日の光が入るように設計。クリーム色の床材が木目調の手洗いスペースと調和して、明るく優しい空間に仕上がっています。

手洗いスペースの下には収納棚を設けているので、トイレットペーパーや掃除グッズを隠して収納することも◎。生活感をできるだけ無くしたいという人にぴったりです。また写真のようにミラーをつけたり、壁にニッチをつくると好きな絵や植物をディスプレイして、こだわりの空間づくりを楽しむということもできます。

 

 

アクセントクロス×ヴィンテージウッドの床材で生活感をおさえた空間に

狭くなりがちなトイレ空間は、できるだけシンプルにしたいとお考えの方も多いはず。しかし、複数の壁紙を組み合わせても、実はそれほど圧迫感が無く、まとまりのある空間になります。

こちらのトイレでは、ホワイトのレンガ調の壁紙と、深みのあるブルーの壁紙を組み合わせて、落ち着いたモダンな空間に。木目をそのまま生かしたような床材は、柔らかな印象を与られるほか、ぐっと生活感を無くしてくれるのが魅力。

また、気になるトイレットペーパーの収納は、ワイヤーバスケットに入れて”見せる収納”に。床によく合うヴィンテージ風のブリキ看板や、ドライフラワーを飾って、アンティークな雰囲気をプラスしています。真っ白な手洗いボールに、むき出しの配管との組み合わせも相性◎です。

 

 

まるでホテル!石目調の壁紙×レザー調で高級感を

壁紙や床材には高級感のある石目調のものと質感のあるダークなレザー調のブラックのカウンターを組み合わせると、洗練されたホテルのような空間に。黒やブラウン系に統一することで、空間を引き締めて高級感を演出しています。

トイレを落ち着いた空間にするために全体をダークな色合いにし、外から入る光を減らしています。さらに間接照明を採用することで、ホテルやお店のようなラグジュアリーな空間を作ることも。窓を小さく、中が見えないように配置しているので、プライバシー面も安心です。

また、トイレふたやペーパーホルダー、手洗いボウルなどもマットブラックに統一し、トイレ全体のトーンに揃えているのもポイント。生活感が出やすいトイレットペーパーや小物類は収納棚に入れられるので、無駄のない上質な雰囲気を感じられます。

 

施工事例
おうちカフェを楽しむ家

 

小物使いも◎ホワイトに統一したシャビーシックな空間

トイレの奥一面の壁に、使い込まれた風合いのあるシャビーシックな木目の壁紙を採用して、女性らしい上品さが漂う空間に。トイレ全体を淡いホワイト系のトーンに統一することで、フレンチ調のアンティークな雰囲気を演出しています。

ナチュラルな木目は温かみを演出できるほか、アンティーク感のあるゴールド色の鏡やタオルハンガーなどのアクセサリーにもこだわって、本格的なシャビーシックな空間に仕上げています。

また、ドライフラワーを入れたワイヤーバスケット、ガーランドなどの小物も使いも◎。まるでヨーロッパの住まいのような雰囲気を実現しています。あえて作りこみすぎない、配管むき出しの手洗いスペースとも、よく調和しています。ホワイト系の色は清潔感を与える効果もあるので、トイレにぴったりといえます。

 

お客様の声
眺望をいかした開放感とご夫婦のこだわりを大切にした家

 

トイレだからこそ”冒険”できる。空間づくりをとことん楽しもう

狭くて殺風景になりがちなトイレですが、家族が毎日何度も使うところでもあります。快適な空間にするには、壁紙や窓、収納などにこだわるのがポイント。窓の形や位置を工夫して穏やかで明るい空間にしたり、無機質な壁紙に間接照明を使って高級感を演出したりと、組み合わせ次第でさまざまな空間に変えることができます。

トイレ空間はリビングや個室などと比べて面積的にも狭いため、壁紙や床材などに色を取り入れたり、生活感のない空間に仕上げたりと、冒険しやすい場所でもあります。「部屋に取り入れるのはちょっと不安…」という大胆なアイデアも、トイレなら楽しめるでしょう。

トイレ空間をつくるときは、どのような空間が落ち着くか、好きな雰囲気をもとに考えてみましょう。また、窓はプライバシー面に配慮して位置を工夫したり、掃除道具やペーパー類の収納をしっかり用意しておくことも大切です。

 

快適と個性を備えた、マルマインハウスのトイレ設計

マルマインハウスは、毎日使用するトイレだからこそ、家族が快適に過ごせる空間づくりにこだわります。暮らしのなかで、「トイレに来るとホッとする」「掃除や収納に便利で、使いやすい」と思ってもらえるよう、壁紙や収納、窓の位置などを工夫。使い勝手がよい条件を満たしながらも、個性を感じさせるトイレ空間をご提案いたします。

「ホテルのようなトイレに憧れる」「来客時に自慢できるトイレにしたい」という方は、マルマインハウスの注文住宅で理想をカタチにしてみませんか?トイレの施工事例や設備、予算などのご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。