奈良の新築分譲住宅と注文住宅なら
マルマインハウスにお任せください

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

土地選びのポイント

土地選びで悩む「北側道路と南側道路」どちらを選ぶべき?

土地選びの大切な条件のひとつとして、道路があります。道路幅とともに考慮すべきなのが「土地に対してどちら側に道路が面しているのか」ということ。

日当たりが良好な環境が好まれるため、なんとなく「南側道路のほうが良いのでは?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、南側道路であっても注意するべき点があるほか、反対に北側道路ならではの魅力もあります。ご家族のライフスタイルや求める条件に応じて、自分たちに合った土地を選ぶことが重要です。

そこで今回は、マイホームの土地選びで悩みやすい「南側道路」と「北側道路」について、それぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

土地選びでチェックしておきたい道路幅については、こちらの記事もご覧ください。

 

関連ブログ
土地選びのポイント

 

北側道路・南側道路とはどんな道路?

文字通り、北側道路・南側道路には以下のような意味があります。

北側道路:土地に対して、北側に道路が面している
南側道路:土地に対して、南側に道路が面している

では、なぜ土地選びの際に、道路の方角が重要になるのでしょうか。
主な理由には、道路の位置によって「日当たりが変わってくる」ことが挙げられます。

日当たりを考える時、方角でもっとも安定した採光を確保できるのが「南向き」です。しかし、家の近くに住宅が密集していたり、目の前に高層ビルやマンションが建っている場合、南向きであっても自然光を取り入れられないケースも少なくありません。

南側に道路があることで、住宅の南側のスペースに余裕ができるため、日当たりがよくなるといった魅力があります。ただし、特に南側道路の場合、プライバシーへの配慮も忘れてはいけません。また、敷地の広さや周辺環境によっても日当たりの良さは変わってきます。

土地の道路について考えるときには、双方のメリット・デメリットについてちゃんと知っておきましょう。

 

 

南側道路のメリット・デメリット

土地の南側に道路がある土地を選ぶメリット・デメリットは、以下のとおりです。

メリット

・日当たりが良い

日当たり良好なことが、もっとも大きなメリットといえます。南側に道路があることで、建物によって日差しが遮られるのを防ぐことができます。日光がたっぷり差し込む明るい住まいは、開放的な空間になり、快適性がアップします。日中は照明を利用しなくてよいため、光熱費の節約にもつながるでしょう。ベランダや庭を南向きに配置すれば、洗濯物も乾きやすくなります。

・庭やバルコニーを設けやすい

庭やバルコニーは日当たりのよい南側に設置するのがおすすめです。南側道路の場合、南向きの面に隣家がない分、大きな窓を設置したり、バルコニーや庭を設けたりといった間取りを叶えられるメリットがあります。お子さまがいるご家庭や、おうちアウトドアを楽しみたい方などにもおすすめです。道路に面した外観を豪華な雰囲気に仕上げられる点も魅力といえるでしょう。

デメリット

・土地の価格が高くなりやすい

南側道路の土地は、日当たりが良く人気が高いため、北側道路よりも坪単価が高くなりやすい傾向があります。人気のエリアや利便性の高い場所を選ぶとなると、土地の購入予算がオーバーしてしまうかもしれません。南側道路にこだわりたい場合は、予算や生活の利便性を考えたうえで土地を選ぶことが大切です。

・プライバシーを守るための配慮が必要

もっとも日光が差し込む南側に、リビングや庭を設けるのが一般的です。しかし、目の前が道路になるため、通行人の目線が気になることがあります。日当たりが良好なリビングであっても、人目が気になってカーテンをしなければならないといった失敗も少なくありません。南側道路の良さを生かすためには、道路側にフェンスやルーバー、植栽などを設け、プライバシーに配慮する必要があります。

 

北側道路のメリット・デメリット

日当たりの面で敬遠されがちな北側道路ですが、実はメリットもあります。

メリット

・土地の価格が安い傾向がある

南側道路を選ぶ人が多い分、北側道路のほうが坪単価が安くなる傾向があります。エリアや利便性などがほぼ同じような条件であっても、安く設定されているケースもあります。土地の購入価格を抑えることで、建物に予算を回せるようになるため、内装や設備をより充実できるといったメリットがあります。日当たりのみの原因で候補から外してしまうのは早いかもしれません。

・プライバシーを守りやすい

人目が気にならない場所にリビングを設けられるメリットがあります。土地のスペースが比較的広い場合は、建物を北側に寄せて、南側に庭やバルコニーなどを設けることも可能です。庭やバルコニーが道路に面していないため、通行人の人目が気になりにくく、落ち着いた空間をつくりやすくなります。また、南側に庭を設け隣家とのスペースができれば、LDKが1階でも光を取り込みやすくなります。

デメリット

・日陰になりやすい

南側にある建物が近すぎる場合、日当たりが悪くなってしまいます。とくに1階がリビングの場合は、昼でも日が入らず薄暗くなりがちです。北側道路の住まいを明るくするためには、リビングを2階に配置する、吹き抜けや天窓を設けて高い位置から自然光を取り込むなどといった工夫が必要です。

・駐車場の確保が難しい

北側道路の土地を選ぶ場合、南側から少しでも日差しを取り入れられるよう、南側にある隣家とのスペースにゆとりを持たせることが望まれます。そうなると、家の玄関口となる北側のスペースが狭くなり、広い駐車場を確保するのが難しくなるケースがあります。車を複数台所有している方や、駐車スペースに余裕が欲しい場合には向かないかもしれません。

 

結局どちらを選べばいいの?

南側道路は日当たりが良いことが魅力ですが、南向きに大きな窓や庭を設置する場合には、プライバシーを守るための工夫が必要です。土地の価格も北側道路より高くなりやすいため、道路の方角だけでなく、予算や利便性なども考慮したうえで選ぶことが大切です。

一方、北側道路は日陰になりやすいというデメリットがありますが、その分プライバシーを確保できる魅力があります。「日中は家にいることが少ない」「道路に面していない場所にバルコニーや庭を設けたい」といった方は、北側道路でも快適に過ごすことができます。

それぞれ一長一短あるため、家族のライフスタイルや理想の暮らし、予算などに合わせて選ぶようにしましょう。各道路の特性を知ったうえで、日当たりやプライバシーなどの条件の優先順位を話し合ってみるのもよいかもしれません。自分たちで判断したり、比較したりするのが難しい場合は、住まいづくりのプロに相談するのがおすすめです。

関連ブログ
悩む土地選び、何が正解?検討したい5つの条件から優先順位を考える
土地探しの前に知っておきたい、狭い道路・広い道路のメリット・デメリット

 

土地の特性にあわせた住まいが叶う「分譲プロジェクト」

北側道路と南側道路は、双方にメリット・デメリットがあります。間取りの工夫によってデメリットが解消されることもあるため、土地や周辺環境に応じた住まいづくりが大切です。

マルマインハウスでは、宅地造成から建築、街づくりまで一貫して行なう分譲プロジェクトを実施しています。分譲プロジェクトでは、土地が持つ特性を見極めて、街全体のコンセプトづくりからスタートします。そのうえで、家から臨む景色や日当たり、風通しなど、暮らしの中で欠かせない快適性まで考慮した住まいをご提案いたします。

エリアごとのモデルプランをベースに、セミオーダースタイルでお客さまの理想の住まいを現実のものにしていきます。「どのような土地を選べばよいかイメージが湧かない」「土地に合った間取りを知りたい」という方は、マルマインハウスまでお気軽にご相談ください。

 

関連ページ
マルヤマの分譲住宅
  • 「家を買う前に読む本」
  • ローンシミュレーション