奈良で注文住宅を建てるなら
高性能とデザインにこだわるマルマインハウス

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

家づくりについて

開放感を生む「吹き抜け」のある家。失敗しないポイントとは?

吹き抜けのある家は、開放的でおしゃれなイメージがあり、魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

実際に、デザイン性の魅力だけでなく、室内が明るく広々と感じられたり、外の景色を眺められたりと、さまざまなメリットがあります。

そこで今回は、快適かつ開放的な暮らしを叶えてくれる「吹き抜け」の魅力をお伝えするとともに、取り入れる時に失敗しないためのポイントを紹介します。

マルマインハウスの施工事例とともにご紹介しますので、注文住宅を検討中の方、吹き抜けでリビングを素敵に演出したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

「吹き抜け」がある住まいの魅力とは?

吹き抜けとは、下の階の天井をなくし、上の階とつなげることで、上下に空間をつなげる建築方法です。どのような魅力があるのか、施工事例とともに見ていきましょう。

 

開放的で広々とした空間になる

吹き抜けのある住まいでは、天井が高く、広々と開放的な空間になります。1階のリビングから2階の天井まで見渡せるため、視線の抜けができて、視覚的に広く感じられるという魅力もあります。

また、吹き抜けのある高い位置に窓を設置すれば、明るい日差しがリビングに差し込みます。自然の光に囲まれた空間で、ご家族とゆったりした時間を過ごすのにぴったりです。

施工事例
モダンさと伝統美が調和した邸宅

 

採光・通風のある快適な住まい

吹き抜けを作ると、本来であれば天井や床がある場所がオープンになり、高い位置に窓を設置できます。建物が隣接していて1階に光が入りにくい場合でも、吹き抜けから自然光を取り入れられ、住まい全体を明るくできます。

また、吹き抜けは風通しにも効果的です。窓を開けることで、1階から2階へと通風が生まれ、家全体に快適な空気が流れます。暖かい空気は上昇する性質があるため、夏場には涼しく過ごすこともできます。

施工事例
おうちカフェを楽しむ家

 

デザイン性が高くおしゃれな家になる

おしゃれな空間が演出できるのも吹き抜けの魅力のひとつです。吹き抜けを作ることで、天井高がアップするため、空間づくりの幅が広がります。

こちらの住まいでは、吹き抜け部分に縦のスリット窓を取り入れて、家の中から外の風景や空が眺められるデザインに。高い位置から複数のライトを吊るして、落ち着いたモダンな雰囲気を演出しています。

注文住宅ならではのこだわりが詰まった住まいを実現するのにも、吹き抜けが活躍してくれます。

施工事例
ワンランク上の性能と上質空間の中で格別な景色を愉しむ家

 

家族とのコミュニケーションがとりやすい

1階から最上階まで空間がつながることで、家族間のコミュニケーションが取りやすいといった魅力があります。

LDKから2階を見ることができるので、子どもの様子を見守ったり、自然と家族と顔を合わせる機会が増えたりと、家族とのつながりを大切にできます。2階でひとりの時間を過ごしているときでも、1階にいる家族の気配を感じられることも、吹き抜けの良さといえます。

施工事例
シンプルかつスタイリッシュな空間とお互いの時間を楽しめる家

 

吹き抜けには注意点も。失敗しないポイントとは

開放感を生む吹き抜けのある家にはたくさんの魅力がありますが、知っておきたい注意点もあります。吹き抜けを取り入れる時に失敗しないために、以下のポイントを押さえておきましょう。

 

外気との温度差を軽減する

開放的な空間であるがゆえに、冷暖房の効きが悪くなってしまうことがあります。これは、温度が高い空気は上に、温度が低い空気は下に溜まりやすいという性質によるもの。とくに冬になると、1階のリビングが寒くなりやすいという注意点があります。
吹き抜けを取り入れる際は、断熱性・気密性の高い住宅づくりがポイントです。外気の温度による影響を抑えて、冷暖房効率を高められるため、光熱費の節約にもつながります。

そのほか、室温を調節するために1階に床暖房を設置する、シーリングファンや換気システムで空気の循環を促進させて温度差を防ぐといった方法も有効です。

 

関連ブログ
自然をデザインする「パッシブ設計」で叶う、夏も冬も快適な空間

 

窓・照明の利便性を考える

吹き抜けがある住まいを考えたときに、窓や照明が高い位置にあると掃除や交換はどうしたら良いの?と悩まれる方も少なくありません。

高い位置にある窓の掃除を自分たちでもできるように…と思う方は「家族とのコミュニケーションがとりやすい」でご紹介したお家のように、細めの通路をつくっておくのも1つ。ただし、年齢とともに危険を感じる場合は専門の業者に依頼することをお勧めします。
また、照明の交換について悩まれる方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも吹き抜けの天井にダウンライトやシーリングなどの照明をつけることはほとんどありません。「デザイン性が高くおしゃれな家になる」でご紹介したお家のように、天井から必要な場所にペンダントを吊るしたり、1階の天井からつながる吹き抜けの壁にスポットライトなどの照明を取り付けたりしますので、メンテナンスの心配はあまり必要ありません。
さらに住んでみてもう少し灯りが欲しいとなった時の為に、照明を取り付けられるレールをあらかじめつけておくという方法もあります。

このように、暮らしの中での利便性を考慮したうえで、窓や照明の計画をすることが重要です。

照明が取り付けられるレールが気になる方は、こちらの施工事例へ
憧れの中庭に県内産の木を使った、家族の思い出を育む家

 

音や匂いに考慮する

1階から最上階までの空間がつながることで、音や匂いが家全体に広がりやすいといった側面もあります。キッチンの料理の匂いが気になったり、生活音が聞こえやすくプライベート空間の確保が難しいと感じたりすることもあるかもしれません。

音や匂いが広がるのを防ぐためには、寝室や書斎などの静かに過ごしたい場所の防音性を高める、吹き抜けから遠い場所に設置するなど、間取りを考慮することがポイントです。

 

人と自然、家族をつなぐ吹き抜けで心地よい毎日を

吹き抜けのある家は、陽の光や自然の通風を得やすくなるほか、空間デザインの幅が広がるなどさまざまな魅力があります。

天窓や高窓と取り入れれば、外の風景や空を眺められ、住まいのなかで自然のやすらぎを感じられます。また、1階と2階の空間がつながることで、家族とのコミュニケーションが生まれやすい住まいを実現できます。

マルマインハウスでは、吹き抜けを取り入れた住宅の施工実績が豊富にあります。吹き抜けの魅力を最大限に生かしつつ、断熱性や窓・照明計画などにも考慮したうえで、住み心地のよい住まいをご提案いたします。

「こんな家作れるの?」「予算内でおしゃれな家にしたい!」など、住まいづくりの疑問やご要望をぜひお聞かせください。

  • 「家を買う前に読む本」
  • ローンシミュレーション