奈良の新築分譲住宅と注文住宅なら
マルマインハウスにお任せください

FreeDial.0120-517-778

BLOGブログ

インテリア&収納術

ドアの種類と取り入れ方。お部屋ごとに使い分けるポイントとは?

家の中には、さまざまなドアが存在しています。お部屋の気密性や遮断性(音や匂いなど)を高めたり、家族間のプライバシーを守るためにも重要な役割があるので、用途や生活動線に応じて使い分けることが大切です。

また、ドアは空間を仕切るだけでなく、インテリアとしての役割も持っています。素材や色、デザインなどを工夫すれば、お部屋に統一感が生まれて、お洒落な空間を演出できます。暮らしやすく、気分が高まる家を作るために、ドアにもこだわりを反映してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、一般的なドアの種類と、お部屋ごとの取り入れ方について紹介します。真似したくなるような、お洒落なドアデザインにも注目してみてください。

 

 

一般的なドアの種類は3つ

お部屋に用いられるドアの種類は、大きく分けて3つのタイプがあります。それぞれ開閉方法や特徴が異なるので、違いをよく理解しておきましょう。

 

1.開き戸

開き戸とは、前後に開閉するドアのこと。個室やリビング、トイレなど幅広い部屋に取り入れられており、もっともポピュラーなドアとされています。
開き戸には、次のようなタイプがあります。

■片開きタイプ
1枚の扉を開閉するドア。
室内の外側に開く「外開き」、内側に開く「内開き」があり、ドアの周りにある程度スペースが必要です。木材を使用したもの、一部がガラスになったものなど、さまざまなデザインがあります。

■両開きタイプ
2枚の扉を真ん中から観音開きにするドア。
ドアの幅が大きくなると、開けるときに手前に広いスペースが必要になりますが、開けると開放感やグレード感を演出できます。

 

2.引き戸

引き戸とは、扉を横にスライドして開閉するドアのこと。ドアを開けるときに前後のスペースを取らないため、開けたときに家族にぶつかる心配もありません。引き戸には、床面にレールの設置が必要なものと、レールを無くして上から吊り下げる吊り戸式のものがあります。
引き戸には、次のようなタイプがあります。

■片引きタイプ
扉を壁に添わせて、左右どちらかにスライドして開閉するドア。全開すると壁に扉を収められるため、開き戸と違い開けっ放しにしていても、場所を取ることはありません。

■引違いタイプ
2枚の扉をスライドして開閉するドア。左右どちらからでも開閉できるため、出入りしやすく、ドアの開き具合を調節できる便利さがあります。

■引分けタイプ
2枚の扉を真ん中から左右にスライドして開閉するドア。2枚の扉を壁に収めるスペースが必要ですが、全開したときに開口部を大きく取ることができます。

■引き込みタイプ
扉を壁の中に引き込み収納するため、部屋の外・内とどちらの壁も有効に使うことができるドア。ただし、扉を収納する戸袋はゴミがたまっても掃除をしにくいという点があります。

 

3.折れ戸

折れ戸とは、左右どちらかに折りたたんで開閉するドアのこと。開き戸の3分の1ほどの省スペースで取り付けられるため、前後に十分なスペースが取れない場所に用いられています。クローゼットや物入れ、お風呂などに用いられることが一般的です。
折れ戸には、次のようなタイプがあります。

■中折れ戸タイプ
扉の一部を折りたたんで開閉するドア。
ドアの前後にスペースを取らないため、開閉時に前後の通行を邪魔する心配がありません。

■両折れ戸タイプ
一般的に折れ戸と呼ばれることが多く、クローゼットなどに使用されることが多いドア。
真ん中から左右に折りたたんで開閉するため、省スペースでも広い開口部を取れることが特徴です。

 

実例から学ぶ◎お部屋に合わせたドア選びのポイント

ドアは、種類によって設置に必要なスペースや開閉方法が異なります。生活するうえでの動線やプライバシーへの配慮が求められるので、お部屋に合わせて適切なものを選びましょう。ここでは、マルマインハウスの実例をもとに、ドア選びのポイントをご紹介します。

 

玄関からリビングへ続くドアには「框扉」

框扉(かまちとびら)とは、ドアの縁(周囲)に枠を作り、中に板材やガラス、すりガラスなどをはめ込んだドアのこと。こちらのお住まいでは、玄関からリビングへと続くドアに、開き戸タイプの框扉を採用しています。家族の気配やリビングの光が玄関まで届くので、帰宅したときに安心感を感じられるのが魅力です。

また、光を通しながらも、様子が見えにくいすりガラスを使用しているため、来客時にお部屋の中を見られる心配もありません。落ち着いたダーク色の木製ドアで、温かみのある風合いに仕上がっています。

玄関横のシューズクローゼットなどの収納スペースには、廊下のスペースを邪魔しない「両折れ戸」を採用。開口部いっぱいまでドアが開くので、靴や荷物の出し入れもラクチンです。

 

施工事例
グリーンのある暮らしと ママが楽しめるLDK空間のある家

 

キッチンとサニタリースペースをつなぐ「引き戸」

キッチンとサニタリースペースを横に配置したこちらのお住まいは、洗濯や調理をしながら効率よく家事ができるよう、引き戸を採用して動線を確保しています。

ドアを全開にしておけば、移動の度にドアを開け閉めする必要がなくなるほか、開口部が広く取れるので、洗濯物を抱えたままでもスムーズに移動できるのが魅力です。

また、家族がお風呂に入っているときや、来客があったときにドアを閉めておけば、サニタリースペースを見られる心配もありません。よく行き来する部屋であれば、スムーズな動線を確保できる引き戸がぴったりです。

 

施工事例
立地を生かした絶景を楽しむ家

 

個の空間を大切にしたいなら、中が見えない「開き戸」に

子ども部屋や作業部屋など、プライベートな空間にしたいときには、部屋の中が見えないドアがおすすめです。室外の視線や光が気にならないため、家族のプライバシーを守ることができます。

ドアの前後にスペースが十分にある場合は、開き戸がぴったりです。壁紙やインテリアに合わせて、ドアの素材やハンドルのデザインにこだわることで、お洒落な空間を演出できます。写真のドアでは、真っ白なドアに黒のドアハンドルを組み合わせて、スタイリッシュな雰囲気に仕上がっています。

 

施工事例
おうちカフェを楽しむ家

 

お部屋のスペースを占領しない「折れ戸」で大容量の収納が可能

クローゼットのドアには、スライドするだけで開け閉めできて、荷物を出し入れしやすい折れ戸が最適です。開閉時にお部屋のスペースを占領しないため、家具がドアに接触しにくく、配置に悩む心配もありません。

また、開き戸や引き戸とは異なり、2面、3面と折れ戸を並べて配置できるので、壁一面の広い開口部を確保できるのも魅力といえるでしょう。壁紙や床の色に合わせて、折れ戸の色味を工夫すると、お部屋に馴染みやすいドアになります。

 

施工事例
柔らかな光に包まれる優雅で気品ある生活舞台

 

木の質感を活かした「格子ドア」は和室の仕切りにも◎

リビングと和室をつなげるドアに、木の温かみを感じられる引き戸の格子ドアを採用。格子ドアは、通常の扉に比べて光を通しやすく、閉鎖感を和らげてくれるため、完全に締め切った状態でも圧迫感なく過ごせるのが魅力です。障子よりも開放感がありながら、リビングにいる家族の視線をカバーしてくれます。

また、引違いタイプを採用しているので、左右どちらからも開け閉めできて、2枚の扉からたっぷりの光を取り入れられます。リビング横で独立した和室でも、家族のいる気配を感じながら寛ろげるのは格子ドアならではでしょう。

 

施工事例
土間とテラスでつながる家遊びができる家

 

動線・視線・光を意識してドアを選ぼう

お部屋のドアを選ぶ際は、開け閉めに十分なスペースが取れるか、動線がスムーズかなど、さまざまな要素を検討する必要があります。なかでも気を付けたい要素は、次の3つです。

・動線
・視線
・光

家族が頻繁に出入りするような場所であれば、開け閉めする手間を省ける引き戸で動線を確保するのもひとつの方法です。来客時の視線や、プライベートな空間を守るには、視線が気にならないようガラスのないドアを選んだり、閉鎖感を減らせるすりガラス入りの框扉を選ぶとよいでしょう。

また、ドアにガラスの部分があるかどうかで、お部屋の採光性も変わってきます。光をたくさん取り入れたい場合は、ガラスの面積が大きい格子ドアを。プライバシーを重視しつつ圧迫感を無くしたい場合は、ドアの上部や中心に小窓が設置されたドアもおすすめです。

さらに、ドアはお部屋の雰囲気を左右するインテリアの一部でもあります。お部屋に馴染みやすい素材や色、ハンドルなどにもこだわりましょう。

お部屋の使い方や生活スタイルによって最適なドアの種類は異なるので、使い勝手やデザインなども考慮したうえで選ぶようにしましょう。

 

快適なドア選びで、暮らしを楽しく&便利に

マルマインハウスでは、ご家族の暮らし方に合わせて、快適に生活できるドア選びのアイデアをご提案いたします。お部屋の使い方や間取りに応じて最適なドアを選定するとともに、住まいとして長く使い続けられるよう、機能性や耐久性、実用性についても大切にします。

選ぶドアひとつで、生活のしやすさはグンと向上します。「お部屋のドアまでこだわりたい」「デザインも妥協したくない」という方は、ぜひマルマインハウスの注文住宅をご検討ください。予算や建築に関するご相談も、お気軽にお問合せくださいませ。

  • 「家を買う前に読む本」
  • ローンシミュレーション